日本へ、そしてタイに戻る


計画された日本訪問。今回は事前に計画しておいた北海道と大阪旅行をこなす。

Departure

早速、初日から出発する飛行機に手を振っている日本らしい様子が見られてよかった。

・北海道旅行

JL34で日本に到着後、家に戻って上着を入手した後再度空港に向かってJL513に搭乗。広島からJL3403に搭乗している人と現地集合。

「タイと同じ服装で北海道に行っても大丈夫ですよw」という大嘘な情報を掴まされていたものの、ちゃん上着を取りに家に帰って正解。そこは冬で2℃の世界。33℃の世界と同じ服装で行っていたらどうなっていたことやら。なんて思ってると半袖姿の東南アジアからの観光客とすれ違ったりもした。彼らは元気に過ごせたのだろうか。

Former Hokkaido Government Office

余市まで足を運んで、余市蒸溜所の見学。時間が余って長い時間JRを待つ事になると予想していたけど、そんな事はなく、逆に時間が足りない事態に。

Yoichi distillery Whisky Museum

お土産にシングルモルト余市を買おうと考えていたけど、甘かった。やっぱり1本もなかった。

・大阪旅行

JL107に搭乗して大阪へ。やっぱり9列のB787は狭い。

Mount Fuji with wing

綺麗な富士山が見えると自然とテンションが上がる。

着いてからはノープランだったので、とりあえず大阪城を目指すことに。そこは秋から冬に移り変わる瞬間で、北海道と行く順番が逆だったために、季節を逆行する羽目になってしまった。

Maple Osaka Castle

この2つの旅行でα7R4で約750枚程61MPのRAWを撮影して、それを4KのEV3285を接続したX230で捌こうしたものの、Core i5 3320Mの性能が低すぎて、2日フルに使っても終わらずに作業放棄する羽目になってしまった。ただでさえ、H/Wの制約で4Kディスプレイに30fpsしか出せない中、LightroomでRAWを表示させていると2-3fpsしか出ていなかったので仕方がないね。今更ながら大容量SDXCを複数枚用意して、タイに戻って主力PCで捌くのが正解だったように思う。

撮影枚数が多いのは、電子シャッターと高速連写で数撃てば当たる(ぶれていない写真が撮れる)をした為で、「Z7/S1Rの時はそんなことをしなくてもぶれてない写真が撮れていたのにね。昔のコンデジではないんだぞ?」という思いがどうしても強い。61MPともなると仕方ないのかな。

そして、タイに戻り、早速頭痛で休む羽目に。ここ1週間の情報量が多すぎて頭がパンクしたのかも。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください