サラダに捧げてしまった14日間


健康の為にたまには野菜を食べよう。そう思ったのが間違いだったのかもしれない。食事は普段はタイの屋台に行ってさっさと済ませるスタイルで野菜を食べる事はなく、たまたまコンビニで日本の某調味料メーカーが作っているサラダを見つけて購入し、食べたことから悲劇は始まった。

1日目
・0615 例のサラダを食べる。
・0900 激しい腹痛を伴ってお腹が下る。
・1030 熱が出て何も考えられなくなる。
・1200 仕事をやめてお家に帰る。
・(この間の記憶がない)
・1630 目覚めたら家のベッドの上にいる。どうやって移動したのかわからない。
・1700 熱を測ったら40.6℃の表示。

2日目
・0600 熱を測ったら39.2℃の表示。
・ここから5-10分間隔でトイレに行くか寝るかという生活を送る。
・1300 正露丸を持っていたことを思い出して飲み始める。
・1800 腹痛が和らいでトイレに通う頻度が下がる。

3日目
・0600 熱が下がる。依然として頭痛・腹痛・お腹下ったまま。
・1200 お腹下ってたのが治る。 (正露丸のおかげ?)
・1800 納豆3パックとレトルトごはんを食べて納豆菌に頑張ってもらう事にする。

4日目
・何事もなかったように復活して職場で仕事する。
・1300 なんか目が痒い。
・2000 薬局で目が痒いことを伝えて薬をもらう。

5日目
・0600 なんとなく頭が重いけど職場へ。
・1030 全身に寒気がし始める。
・1130 熱が出て何も考えられなくなる。
・1200 仕事をやめてお家に帰る。
・ここで病院に行く決意を固めたものの、諸事情で行けずして終わる。
・1400 熱を測ったら39.1℃の表示。

6日目
・5-10分間隔でトイレに行くか寝るかという生活に戻る。

7日目
・0600 激しい腹痛 (もう正露丸は効いていないようだ)
・1100 病院に行く。腹痛で来たけど、受付で外科にも行くように言われる。
・1200 消化器科 : 検査して食中毒性胃腸炎と言われる。過去食べた物の中から原因はサラダに。
・1400 外科 : 目が絡む対応は出来ないから眼科に行くように言われる。
・1500 眼科 : 目の周囲にヘルペス性水ぶくれがあると言われ、原因は食中毒による免疫力低下。薬局の薬が無意味で悪化していると怒られる。渡されたのはバングラデシュ製の薬。正直、これを目に入れるのは躊躇してしまった。内服薬は転移するまで出さない方針らしい。
・1600 診断書が出てくる。ヘルペス性水ぶくれが完治するまで外出禁止と言われる。
・1615 請求書が出てくる。費用が手持ちの金額を超えていたのでキャッシュレスの手配。
・1730 キャッシュレスの手配が完了して、支払は保険会社に任せて帰る。

8日目
・ここでも5-10分間隔でトイレに行くか寝るかという生活を送る。腹痛はきつい。

9日目
・体調は外出できるレベルになるけど外出禁止。
・1600 部屋の掃除に来てくれた人が掃除前の床に新しい枕を置いているのを見てしまう。ここに衛生の概念なんてないらしい。

10日目
・0600 両手の指側面に水ぶくれができていて痛い。
・1000 病院に行く。
・1030 皮膚科 : 細菌感染が原因の水ぶくれと言われる。原因は食中毒による免疫力低下。
・1100 眼科 : 既存は治りつつあるのに新規の水ぶくれが増えてると言われる。内服薬は転移してどうしようもなくなった時以外使わないとのこと。
・1230 請求書が出てくる。キャッシュレス手配しておいたので、病院を後にする。

11日目~14日目
・目の周囲のヘルペス性水ぶくれが完治せず、外出禁止が解けない。
・起きて投薬して食べて投薬して寝る生活をしていたので、あったはずの筋肉が消えている。
・消えていく有給休暇の事を考えるとつらい。

今回の「たまには野菜を食べよう」の気分になったのは、頭の中に1日350g以上という目標値があったからで、これは厚生労働省の健康日本21のページ内にも書かれていたりする。しかしこれも海外で先進諸国外ともなると達成するのは難しい気がしてきた。野菜ジュースが気軽に入手できる環境でもないし。

健康日本21 (栄養・食生活) | 厚生労働省 (mhlw.go.jp)

そして、農林水産省が役に立つページを作っていたりする。

生の野菜や果物を安全でおいしく食べるために:農林水産省 (maff.go.jp)

日本メーカーの工場でパッキングされたであろう生野菜サラダとはいえ、ここに記載されている内容が徹底されてるとは思えないし、当たるして当たったのかもしれない。

良かったことは、保険が付帯してるクレジットカードを持っていて、出国してからまだ3か月未満だったこと。おかげでキャッシュレス扱いで約10万円の医療費を保険会社が支払してくれる事になり助かりました。やっぱり保険には加入しておくべき。

とは言え、医療方針が異なる土地で闘病するのは疲れる。恐らくここが日本だったら内服薬+外用薬が処方されて数日で治っていた気がしているから。薬を使えば耐性菌が出てくるし一長一短はあるけど。

それから偶然にも、日本で禁止された生レバーを食べる為にタイに行こうみたいなサイトを、見つけてしまう。日本メーカーの工場でパッキングされた生野菜サラダですら、ここまで辛い思いをする羽目になっているので、正直「自己責任でどうぞ」以外の返答が見つからない、あの手のサイト。投稿者は実行した人が倒れようが死亡しようが責任取らなくていい訳で、まあ気楽でいいんでしょうな。


---------------


広告 #1



広告 #2



広告 #3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください