お金を失う


2018年もそろそろ終わりで懸念だった共同マイニングがなんとか黒になり、ほっとしていた矢先、今度は18万円が吹き飛びました。

経緯としては、知人から旅行の計画及び手配を依頼されて、そのまま発券を済ませるために約18万円の支払を代理でしたわけですが、後に知人未払いのまま一方的にキャンセルされ、その全額をこちらで被った形です。その知人からはコスト削減が強く要望されていたこともあって、値段の安いキャンセル不可プランで全て組んでいたのが完全に裏目に出ました。そう、キャンセルしても返金はほとんど期待できないという辛い辛い形となりました。今思えばデポジットを徴収するか、クレジットカード送金サービスを使用して事前に確実に支払わせるようにしておくべきだったし、なんて馬鹿なことをしたのだろうと思っています。そういう意味では相手はもしかしたら確信犯だったのかもしれません。

気を紛らわせるために勉強代と思うことにしましたが、何ともやりきれない気持ちです。相手とは会話の機会を持ちましたが、インド人出稼ぎ労働者顔負けの言い訳を連呼し、終いには「折半しましょう」だの「雰囲気を悪くするほど、空気が読めない訳ではない」だの「嫌な雰囲気で終わりたくない」などと好き放題発言された挙句に「一切の関わりを断ち切りたい」と残し、完全にやられました。これにて敗北確定です。

このときにふと浮かんで来たのが、自作PC界では定番の「(‘A`)もう絶対知人に組んでやらねぇ」ですが、PCの場合はまだ、組立後にキャンセルされても頑張ればある程度は回収できたし、降りかかってくる無償サポート依頼は気が向いた時だけ応対すればいいのでまあ気が楽だったなと思います。一方旅行は、特に安いプランにすればするほどキャンセル時の回収が困難になるので自作PCより確実にリスキーです。特に航空券に至っては搭乗者の変更が認められていませんので尚更困難に。。。PCより旅行の方が他人に組んだ時にろくなことがないようです。

SNSの各位におかれましては、18万円の追悼を表明して頂いたり、支援の申し出を頂いたりありがとうございました。同時に皆さんから提案があった全やり取り履歴の公開と個人情報の公開はどう考えても自らの信用低下を招きかねないのでやらない方向にします。理由は何であれPrivateのやり取りを一方的に全公開してしまうアカウントというのは危険視されかねませんのでね。

ところで、皆さんは自由に使える18万円があれば何をしますか?
私はGeforce RTX 2080 Tiか白レンズが欲しかったです。とほほ。。。


One Reply to “お金を失う”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください