USBがまともに動かない現象が再発


AMD Ryzen 7 1800X + GIGABYTE GA-AB350N-Gaming WIFIのシステムを導入して、半年以上経ち、予定だと問題点はすべて片付いて安定している予定でした。

発生していたUSBが不安定な問題もドライバを最新版にして解決できていて安定稼働を続けてくれていればいいのに、また再発。以前はUSBデバイスに通信負荷をかけた時に該当デバイスだけロストしていたけど、今度はUSBデバイスに通信負荷をかけると、キーボード、マウスを含む全デバイスをロストして、コントロール不能になる最悪の状態。

2018年にもなってUSBがまともに動かないとなると、計画していたRyzen Pro搭載ノートPCとRyzen APUのPC導入は見送りするしかなく、いつまでBloomfieldとIvy Bridgeを使い続けないといけないのかわからない状態になりました。このまま行くとCoffee lake refreshが出たらそっちに行きそうな気がします。

USBがまともに動かないことがあるのはWindows XP時代で終わったと思っていたのですが…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください