実家帰省を阻むもの


水道水漏れ問題が関東人の「今すぐ対応させていただきます!」という応対にもかかわらず、8日遅れで無事修理完了。さて、いよいよ空いてる所で実家へ帰省と行きたいところですが、今度はHDDが故障しました。しかも2台同時。

故障したのは今はなき、日立GSTのHDS721010CLA332です。同時期に同メーカー、同型番、同FW品を買うと同時期に故障するというのがRAID運用する人では常識になっています。今回はRAID組んでいないし、負荷もそれぞれ違うので違う時期に故障すると思っていたら一緒に故障してちょっとびっくりです。

 

日立GST HDS721010CLA332 #1

こいつはゲーム向けに使用していました。Steamで更新が走るたびに代替処理済みのセクタ数が増えているので嫌な予感がしていましたが、既にいくつかのファイルを開こうとするとエクスプローラがフリーズしてしまいます。こちらは57,892時間動いてくれました。

日立GST HDS721010CLA332 #2

こいつはビデオ保管用に使用していました。こちらは使用後1年程度で代替処理済のセクタが増えたものの、そこから落ち着いていたので特に問題視していませんでした。#1の不自然な動きを察知して#1のバックアップを進めていたところ、こちらはリードエラーレートと代替処理済みのセクタ数が急上昇して、エクスプローラでHDDの中身を見ることすら困難になってしまいました。こちらは57,891時間動いてくれました。

※おまけ

日立GST HDP725050GLA360

こちらはいまだ元気な日立GSTのHDP725050GLA360。過酷なシステムディスクをやらされてますが、現時点で64,161時間稼働を続けています。買替の時期を逃して、未だにHDDを使っていますが、あと何年使えることか。。。


One Reply to “実家帰省を阻むもの”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください